atsu-papa

警鐘

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で日本中が大にぎわいです。少なくともこれまでは賞味期限の偽装が大にぎわいだったですが、今回は殺虫剤や農薬として使われる有毒のメタミドホスが混入していたって事や千葉や兵庫の方々の10人もが同様に吐き気や腹痛を覚えたって事ですから重大と言えば重大な話ですが、昨年から持ち越した話だって事にまずビックリ。さらに事件が報道されるや被害者が32都道府県の384人に膨れあがったのにまたビックリ。あわてた食品メーカーが自主回収に名乗りを上げたら出るわ出るわで、同じ天洋食品から色んなメーカーさんが食材を仕入れてるのにまたまたビックリですよ。
 確かに中国製のお野菜は安いですから、ついつい買っちゃうですが、あれは暫く水にさらして使うです。ところが冷凍食品となると、加熱はしても水にさらしたりはしないですよ。そこから中毒症状が出て、毒物が検出されたとなると大騒ぎになってもさもありなん。
 北京五輪を控える中国も外務省の報道局長が中毒事件を起こした天洋食品の工場に保存していた製品サンプルを緊急検査した結果「メタミドホスが確認されなかった」と発表したですが、そりゃあ当たり前です。保存してある商品サンプルからメタミドホスが出たんじゃしゃれにも何にもならないですよ。
 ともあれ、この事件で食品のトレーサビリティについての認識がかなり変わるですね。多分ですが、この天洋食品は労務管理もしっかりやってるようだし、そこそこの品質管理をしてるです。そうじゃなきゃこれほどのメーカーさんが仕入れてるわけがないと思うですよ。だけど、今回この事件を引き起こしたって事は、どこかにトレーサビリティについての穴があって、善意か悪意かは判らないですが、農薬成分が混入しちゃった。だけどどこで入ったのか判らないって事です。
 そういう意味では道の駅なんかで売ってる○○さんちの葱、芋、南瓜、大根。安心ですよ。必ずしも安いとは言えない時もあるですが、今後はきっと見直されるです。被害に遭われた方々には大変お気の毒ですが、餃子は「ニラ、にんにく、白菜、豚肉で手作りに限る!」って言いながら家族で一緒に餃子を作るには良い機会かもですよ。

atsu-papaの投稿(23:40:00-2008-01-31) - カテゴリ: Main

コメント

たつまき wrote:

農薬入り中国製餃子の中毒事件:真相!

1)解雇された農民工らがCIA手先に買収されて犯行に及んだ
2)日清食品等3社の冷凍食品事業合併の妨害目的で
 日清大株主の米投資ファンドが仕掛けたとの情報も出た
これらの統一指揮はCIAの犯行だった
詳細は:http://gold.ap.teacup.com/t...
2008-02-10 01:09:11

atsu-papa wrote:

 なるほど、それなりに説得力のありそうな面白い考察ですが、いかがでしょう?CIAが絡んでいたらメタミドホスを使うですかね。
 今回の事件で一番痛手を被ったのはJTで、二番目は天洋食品ですが、JTを狙うとすればJTフード以外の部門でもっとインパクトがある方法があるです。米投資ファンドの話は冷凍食品の需要を冷やすような行為には及ぶ訳がないですからあり得ないです。
 順当に考えると天洋食品に対する・・・とはいえ、本当に冷凍食品そのものが全国的に売れなくなっちゃったんだってですよ。
2008-02-13 12:11:20

コメントを追加

:

:

トラックバック

DISALLOWED (TrackBack)

TrackBack URL

DISALLOWED (TrackBack)